ロハスフェスタ大使

プロフィール
池内 桃子
池内 桃子
農家生まれ、農家育ち。母親が20年以上続けている農薬・化学肥料を一切使用しない農法を発信したいと料理を学び始め、現在は自らも農業にとりくみながら、素材の味を生かしたレシピを考案しています。少しでも土に触れてみたいという意識を持った仲間を増やすことを目標に、楽しい、嬉しい、やりがいがあって、みんなが幸せになれる農業を目指して発信していきたいと思います。
< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

明日は冬至。カボチャを食べて「運」をつけよ♪

明日22日は冬至。冬至は、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く逆に夜が長くなる日ですね。冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。なので、かぼちゃ=南京(なんきん)で、昔からかぼちゃを食べる風習があるそうです。

それだけじゃなくてかぼちゃや柚子湯と言われるのは、中風(脳卒中)や風邪を引かないようにという意味もあるようです。年末のあれこれ、まだまだ山積みだけど、風邪をひくことなく新年が迎えられますように。


池内家も年末大掃除の真っ最中です。

  

☆風邪の予防に先人の知恵☆毎日飲んでるスペシャルドリンク☆

今年は暖冬と言われてますが、暖かかったり寒かったり、気温差に体調を崩す方も多いはずゆき今日は私が風邪予防に飲んでるスペシャルドリンクをご紹介しますicon12
☆梅醤番茶☆


梅醤番茶は飲まれている方もいらっしゃるのでは!?私はこのドリンクにドはまりしてます 笑 ポイントは梅干しを焼くこと。私はガスコンロの火で炙ってますが、ストーブの上で転がしたり、オーブントースターで焼いても可。焼く事で梅干しの辛さが和らいで、美味しくなる&血行の改善に役立つ「ムメフラール」という成分が作り出されるそうです。焼いた梅干しを湯のみに入れて、番茶を注いで、ちょっとだけお醤油を垂らす。それから余裕があればそこにすり生姜を入れると尚からだがあったまります。自然農法の番茶と梅干しで♡私はこれを毎日水筒に入れて仕事に持って行ってます♪

風邪を引いてしまったら!?次はコレ。☆生姜はちみつ湯☆


生姜すりおろし 小さじ1強
ハチミツ    大さじ1〜(お好みで)
湯       180ml
日本酒(隠し味)大さじ1
日本酒を入れたらよく寝れます(笑)

☆かぶの豆乳スープ柚子胡椒風味☆


かぶ&豆乳のスープ、仕上げに柚子胡椒を使いました。
かぶとだし汁を鍋に入れ、柔らかくなるまでコトコト。ミキサーにかけてペースト状にして、再度鍋で温めて豆乳&だし汁でのばす。味付けは塩です。最後に柚子胡椒をお好みで。

☆白ネギの豆乳ポタージュ☆


材料
白ネギ … 1本
タマネギ … 1/2個
ジャガイモ … 1個
オリーブ油 … 
水 … 300cc
豆乳 … 300cc
水又はだし … 200cc(濃度を見て調整する)
白みそ … 大さじ2
塩 … 適量

作り方
1 白ネギは斜め薄切りにし、タマネギは5mmにスライスする。ジャガイモは皮を剥いて1cmの角切りにする。
2 鍋にオリーブ油を熱して1を炒め、しんなりしてきたら水を入れジャガイモが柔らかくなるまで煮る。
3 2の粗熱がとれたらミキサーにかけ、鍋に戻す。
4 豆乳と水(又はだし)を濃度を見ながら加えて弱火にかけ、塩、白みそを加え、味を調える。
5 1cmの小口切りにした白ネギをフランパンで焼き、ポタージュの浮き実にする。


☆体の中からポッカポカ☆根菜とくずし豆腐の豆乳スープ☆


大根と人参を細かく切る。さいの目切りというやつです。今回人参は型抜きしてみました。
鍋にだし汁を400mlくらい入れて、切った野菜とごはん(茶碗1/2杯くらい)を入れて柔らかくなるまで炊く。豆乳を200ml追加。(豆乳を入れてからは沸騰させないように)

あとは、おろし生姜、塩、隠し味に味噌を入れる。ねぎも足したりして♪
味が整ったら絹豆腐をくずしながら加えてできあがり。

てきと〜だけどなかなか美味しい♡
風邪に良いものをとことん入れたスープです。

さて、私も今日から7連勤。気合いをいれて頑張ります!!!
みなさまが元気に新年を迎えられますように。このレシピがお役に立てたら嬉しいですface05
  

古民家Cafeでケータリング♪野菜たっぷりヘルシーランチ♪

築100年の古民家を改装してカフェにしたというたち季さん。12日にステキなお稽古ばかりのイベント「わけいこ」にケータリングに行ってきましたface02



私のお料理のメイン料理はもちろん自慢のお米。ごはんに合うお料理を悩みに悩んだ結果、今回のお料理はこちらにしました!!!


まずはこちら。上から時計周りにご説明を。
☆焼きネギのマリネ → 焼いた下仁田ネギをオリーブ油、レモン汁、塩、ブラックペッパーでマリネに。
☆白菜のお浸し柚子風味 →シャキッとした食感を残した白菜を昆布と鰹のお出汁に浸して、柚子皮のせん切りを添えて。
☆鯛の大葉包み揚げ 梅おろし添え →近くの魚屋さんで手に入ったとても新鮮な鯛を大葉を巻いて天ぷらに。一緒に添えてあるのは大根おろしと梅干しの果肉を刻んだもの。味付けはみりん、酢、醤油、だし汁で。


この梅おろしが好評で良かったです。さっぱりしているので、鯛の天ぷらに合います。
☆焼き大根の柚子味噌がけ→大根はごま油をひいて、じっくり焼いたもの。柚子が入った白みそをかけて田楽に。
☆日野菜の甘酢漬け →滋賀県の名物日野菜。ぬか漬けも美味しいけれど、手早くできる甘酢漬けに。可愛らしい色に染まりました。
以上プレートは5品。
そして、、、


☆ほうれん草とりんごのピーナッツ和え→ピーナッツがりんごと合います。
☆里芋団子の野菜あんかけ →里芋はじっくり練って小麦粉をつけて揚げてます。トッピングに生姜を乗せて、寒い冬にはあたたまる一品。
☆それからメインのごはんです。


デザートはこちら→レアチーズケーキ


自然農法のラム酒を隠し味に。とてもいい香りになりました。

お料理の写真は今回も花家florのユキさんにお願いしました。ありがとうございます。花家FlorさんのHPはこちら→花家florのHP今回のお料理は、ギリギリまで悩みました。前日にお魚屋さんに行って、お魚屋さんと相談。ショッパー桜川さん。新鮮な魚を置いておられて、とってもおすすめです。→ショッパー桜川ブログ

さて今回の和けいこも、私も参加したい!!というのがたくさんありました。
あとりえForetさんの福だるまづくり。めちゃめちゃ可愛かったです。


一つ一つ顔が違う


あとりえForetさんについてはこちら→あとりえForetさんHP
次にはんこづくりも楽しそう。私も作りたい!!っていうか作っていただきたい。とてもオシャレ。私のお友達、トッコちゃんも挑戦!デザインを考えて、、、


夢中で彫ってます 笑


出来上がりはこちら


すごーーい。いいなーー。


あとは花家Florのユキ先生のしめ縄づくり。それとバランスボール教室。ちょうどお料理の時間と重なって写真が撮れなかったので、詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。→和カフェで楽しむわけいこ
今回も楽しかったです♪お料理も喜んでいただけたようで。次回は来年4月になるそうです。どんなわけいこになるかな。春のランチですね。メニューも春らしいもので考えます。また来年face05ありがとうございました!








  

「農と食」って!?一粒のいのちから、、、

来年出版される本の記事を書くために、とりあえず思いつくことをつれづれなるままに、書いたりしている。
私に与えられたテーマは「農と食」。広い!!そして深いテーマ。私にとって農業は!?そして食とは。今なら言えるお米一粒の価値。


私が本格的に農業を始めたのは5年前。正直なところ、それまで農業なんて全く興味がなかった。でも幸か不幸か、農家に生まれたという理由で子供の頃は農業を手伝うのが当たり前の環境で育った。子供ながらに親の苦労を見て、私は将来農業は絶対しないと心の中で思ってきた。そして願わくば、都会にお嫁に行きたいと(笑) それが今、私が米づくりをしているなんて誰も想像がつかなかったと思う。一番ビックリしているのは私自身。でも、私のこれまでの人生を振り返ると、今こうしているのも「運命」だったんじゃないかとさえ思う。

まー今思うと、農業をやろう!!と思うまでにどれだけ遠回りして時間をかけてきたことか。色々と違うことをしてても、結局頭には「自然農法」があったので、気がつけばこれまでの人生は今の私に必要だったことを自然と経験させてもらえた様に思う。やってきた事柄だけでなく、人との出会いも、今私の周りに居て下さる方々は、出会うべくして出会ったと言っても過言ではない。素晴らしい先輩や友達や良きアドバイザーが居て下さることに本当に感謝。

母の近くに居て一番感じることは、「絶対出来る!!」という信念。農薬、化学肥料を使わない農法は、もちろんそれだけかかる体力的な負担は大きい。それでも出来ると信じて、それを貫いて来て23年。今では、周りの農家さんに褒めていただくくらい素晴らしい田んぼになってきた。この信念がなければ、こうはならなかったと思う。

今年、メディア嫌いの母が、初めて「発信」という言葉を口にした。今までは土づくり。これからは発信だと。
さてさて、「発信はモモコに任す!」と託されたけれど、自分に出来ることは何だろう。私も、母のように「絶対出来る!」という信念を持って前に進んでいきたいと思う。



今日はこの辺で。お仕事頑張ってきまーすface02

  

今が旬!大根のあれこれお伝えします♪

今が旬の大根。やわらか〜く炊いて、味噌をかけて食べるのがとても好きですface05「ふろふき大根の柚味噌がけ」


大根を煮る時にちょっと一手間加えることで、美味しくなります。今日はそのポイントを少しご紹介します。

☆大根の皮は厚めに剥く事。→皮の近くにある筋をとって、口当たりを良くします。
☆煮崩れを防ぐには面とりを→面取りした部分も使えるので、捨ててはいけません!!
☆早く煮たい時は、片面に1㎝程度十字の切り込みを入れましょう→隠し包丁と言います。
☆アクや臭みをとるには米のとぎ汁で湯がきましょう。


以上のことに気をつけて下準備。

こんな感じで♪

一手間加えるだけで美味しくし上がります。


我が家の大根はもちろん自然農法で栽培しています。自然農法の大根は、スーパーで売られているものと全然味が違います。
スーパーのは水々しくて、味がない。そういう味に慣れていたら、味がないのを味付けし易くて美味しいと思うかもしれないけれど、本来の大根は、米のとぎ汁で茹でるほど、アクをとらないとえぐみが気になったりするものなのです。大根らしい大根。是非味わってもらいたいです。

大根は葉っぱから根っこまで、無駄なくいただくことが出来ます。葉っぱは炒め物や漬け物にもなるし、首の部分は辛みも少なくて大根おろしに向いていることは皆様もご存知だと思います。それから、皮も刻んできんぴらなどにしても一品になります。あれこれ試して美味しく頂きたいですね。
ここで、おすすめの一品。

『おばあちゃん秘伝の大根のビール漬け』

材料
大根 5キロ(皮を剥いて縦半分に割る)
砂糖 800g
塩  1合
酢  1合
缶ビール 350cc
桶に入れて重石をして5〜6日

ちなみに1合は180cc  gにすると150gです。


今は亡き知り合いのおばあちゃんに習ったお漬け物です。とってもお漬け物漬けるのが上手なおばあちゃんでした。この味を引き継いでいきたいものです。

大根の保存方法

大根は、葉っぱの部分から水分を取られてしまうので、葉付きの大根を買った場合は2㎝ほど葉を残して、葉と根を分けて保存しましょう。
使いかけの大根は、切り口だけをラップするのではなく、全体をラップするように。それから、使っていない大根は余裕があれば新聞紙に包んで、冷暗所に立てて保存してくださいね。


この時期、お魚屋さんでは鰤もあらが安く売ってます。私は大根と鰤のあらで炊くのがとても好きです。みなさんはどんな料理が好きですかねーーー。
旬のお野菜を美味しくいただきたいものです。感謝して☆  

素敵女子会♡可愛いアクセをハンドメイド♪


久々の女子会は、ゆきちゃん先生の指導の元、可愛いアクセサリーをハンドメイドしましたface05私には初めての体験♪

友達ゆきちゃんが親切に教えてくれたので、何とか出来ました!!



私はファーが付いているものが良かったので、出来上がりはこちら→

赤色のストーンが可愛い♡

つけてみるとこんな感じ。

女子っぽい 笑!?

撮影会 笑

友達の真理ちゃんハンドメイドはこちら→

大満足♪また挑戦したいな。手仕事の後は甘いもの。








  

☆リクエストにお答えして、手づくりドレッシングのレシピ☆

手づくりドレッシングのレシピが知りたいという声があったので、お答えしたいと思います!!
我が家では、ドレッシングは全て手づくりしていますface02手づくりは面倒かもしれないけれど、慣れたら簡単!!割合さえ間違えなければ、簡単に料理に合うドレッシングが作れます。

「ブロッコリーとリンゴのサラダ 自家製マヨネーズ和え」
今回ご紹介するのは4種類のドレッシング♪ごまドレッシング、自家製マヨネーズ、和風ドレッシング、基本のフレンチドレッシング。

ではではレシピのご紹介。

ごまドレッシング

ごま   20g
玉ねぎ  1/3個
酢    60cc
にんにく 1/2片
薄口醤油  80cc
砂糖    20g
オリーブ油 30cc

作り方
ミキサーにすりごま、ザク切りにした玉ねぎとにんにく、酢、薄口醤油を入れて細かくなるまで混ぜる。味を見て砂糖を加える。最後にオリーブ油を少しずつ入れていき、よく混ぜる。

自家製マヨネーズ
卵黄  1個
酢   大さじ1.5
オリーブ油又は好みの油 150cc
塩   小さじ1/2

ボールに卵黄、酢、塩を入れてハンドミキサーでよく混ぜ合わせる。よく混ざったら、オリーブ油を少しずつ加えながら混ぜ、クリーム状にしていく。粒マスタードや辛子、砂糖など、好みに合わせて加えてもよい。


和風ドレッシング
濃口醤油 大さじ4
酢    大さじ11/2
砂糖   少々
オリーブ油 大さじ4

ボールに濃口醤油と酢、砂糖を加えて混ぜ、混ざったらオリーブ油を加えて更に混ぜる。基本の和風ドレッシングに大根おろしや、玉ねぎをすりおろしたもの、青ネギのみじん切り等を加えてアレンジしても美味しい。

基本のフレンチドレッシング
酢     大さじ2
塩     少々
こしょう  少々
オリーブ油   大さじ4

ボールに酢、塩、黒コショウ、オリーブ油を入れて混ぜ合わせる。
マスタードや辛子、玉ねぎを加えても美味しい。油:酢=2:1の割合で。



基本的にはオイル4に対して酸味1〜2の割合で、オイルをオリーブ油にするのか、ごま油、なたね油など色々変えてみる。酸味も、酢にも米酢、穀物酢、アップルビネガー、ワインビネガー、更に、レモンの絞り汁、ゆずやすだちの絞り汁など様々と使えるので、慣れたら家にあるものでサッとドレッシングができちゃいます。まずは作ってみるところから。是非挑戦してみてくださいね。

「旬の蒸し野菜のごまドレッシングがけ」
  

秋の半月弁当&農家仲間高田くんの写真展へ

朝晩がかなり冷え込む様になりました。農作業も冬支度を終えて、今は出稼ぎでアウトレットで販売の仕事をしています。毎年冬になると料理の仕事と販売の仕事でそれはそれで農業と全く違うことをするので、とても勉強になって良い刺激をもらっています。先日久しぶりに秋のお弁当を作りました。誰かのために心をこめてお料理をする。私にとって料理は自分自身を表す手段でもあります。

11月は雨ばかりですね。10月は雨があまり降らなかったので、大きくなってきた大根は水分不足で巣が入っているものもあります。逆に、11月のこの雨で、家に干した干し柿が乾かず、カビが生えてきてしまっているものもあります。自然には逆らえないのですが、毎年「こんな年は初めて!!」という言葉を口にしている気がします。


先日、滋賀の農家仲間の高田充くんが、写真の個展を開いているという事で見に行ってきました。

個展「一旦停止」

氾濫する情報/光と影/大量生産 大量消費
豊かとは/それぞれの暮らし/無常観
川の流れのように/狭い空/悠久の時
現代のスピード感/自然との共生?/隣人への関心
東京難民/それでこそ人間

情報にくすぐられる好奇心
人々は損をしたくないために我先にと知識を蓄える。
その手に大事に握る知識は人生の最後の時に
自分に生きがいを
与えてくれるものだろうか。
さあ、今こそ一旦停止して、日々起きることを
「感じて」生きよう
また歩き出す力強い一歩となりますように。



ホームレスの方の写真や、不要になった自転車が積み重なった写真など、一見マイナスイメージに思えるようなものが対象となっていたけれど、全てに深い意味があって、マイナスをプラスに変えるメッセージを持つ写真だった。「一旦停止」立ち止まって考えて、深呼吸して次に進む!日々の生活の中で、見失いがちなものを気付かせてくれる、そんな個展だった。また写真を見れる日を楽しみにしています。

個展が開かれていた「A lot of nothing」とてもステキなところでした。→A lot of nothing Facebookはこちら
 










  

取材☆滋賀農家女子100人プロジェクト☆に向けて

滋賀の農家女子は今、かなり熱い!!仲間がいるって素晴らしい!!この仲間を100人に増やすべく、プロジェクトを立ち上げようとしています。


弥平唐辛子を生産するfm craicの2人佐々木さん、三鷹さん→fm craic詳細


食まちアグリゲーションの渡辺さん→食まちアグリゲーションFacebook


百菜劇場の廣部さん→百菜劇場HP

Sante農園の片山さん→サンテ農園Blog


などなど滋賀で活躍する若手農業女子を中心に、滋賀で農業を始めたいと思う女子を応援&共に頑張っていこうをいうプロジェクト。先日、雑誌の取材で久々に集合した。みんなの笑顔にパワーをもらって、私も頑張らないと!と思えた。滋賀で農業がしたい!!という女性の皆さま、是非ご一報ください 笑 仲間になりませんか??そして滋賀農家女子を応援しようと思って頂ける皆様、是非ご一報ください!!みーんなで盛り上げていきたいと思います。5年後10年後、農業に取り組む女子が増えていますように。



そして、ロハスフェスタin万博に出店されていた「ありがとう農園」さんが池内農園に見学に来てくださいました。

母のノウハウを真剣に聞いてくださいました。母の名言「何も(農薬や化学肥料)入れなくていいんです。土に力があるんです!!」見学の方が来られる度に母が今まで培ってきたノウハウを聞く事が出来て、私も勉強になる。もっともっと多くの方に知って頂きたい!自称メディア嫌いな母に対抗してでも、発信していきます!!

  

古民家cafeたち季さんで和けいこ&和ごはんのご案内

以前、ブログでもご紹介させて頂いた、古民家を改装して建てられたCafe「たち季」さんで和けいこが開催されます。そして私、Momo's Kitchenもこちらのランチにケータリングをさせて頂きます食事







12月12日土曜日

米原市醒井の古民家cafe 
和cafeたち季さん⇒たち季さんHPにて開催

Momo's Kitchen出張ランチ「わごはん」
デザート&お飲物付 1食 2、000円
素材の味をいかした野菜中心のランチです。
限定20食 (予約制です) ランチのみの予約もOKです!

さて、今回の和けいこは??

 『お正月 しめ縄作り』




「羊毛で作る 干支の福ダルマ《申》」
大人気 あとりえForetさんのおけいこです^^
来年の干支 お猿さんと、縁起のいいダルマさんがドッキング☆




 『バランスボールで美・BODY作り!!』
  ~お肌も体もデトックス~




書家&ハンコ職人 齊藤江湖さんのおけいこ




日頃何かと忙しい大人女子の皆さんのに各方面で活躍される講師の方にきていただき

ゆったりとした古民家cafeの雰囲気とともに楽しんでいただく単発のおけいこです。

和Cafeで楽しむ和けいこの詳細はこちらまで→花家florさんHP又はFacebook「和cafeで楽しむ わけいこ」で検索♪

お待ちしておりますface05花